2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
山田 敏夫/YAMADA Toshio
MADE IN JAPAN

1982年、熊本市生まれ。学生時代、フランスへ留学しGUCCI Paris店に勤務。
一流のものづくり、こだわり、プロ意識を学ぶ。
卒業後4年間、Softbank HCにてネットビジネスを学び、
東京ガールズコレクションの公式通販サイトを運営する
「fashionwalker.com」へ入社。社長直轄の事業開発部にて、
最先端のファッションビジネスを経験。
その後、本質的にアパレル業界を変えるべく独立。
2012年1月、ジャパンブランドの直販サービス「Factelier(ファクトリエ)」を展開する
ライフスタイルアクセント株式会社を設立。
Factelier(ファクトリエ):http://factelier.com/




月別アーカイブ: 1月 2014

革と手紙

 

100年以上の歴史を持つ日本最古の革小物工房「博庵」

 

革製品(メンズ)において日本一の腕を持つと評判が高い、

三代目長谷川博司氏と時間をかけて、長財布名刺入れを作ることに。

素材は牛革(北米産ステアー種)、国内でタンニンを浸透させる

リタンニングをし、水性染料で染める。

仕上がり後、人の手で一枚一枚丁寧に縦横に揉みあげ、角シボを表現しています。

道具は、すべて自前。

「道具の創造こそ、優秀な職人の力」

との祖父の言葉を受け継いでいらっしゃるそうです。

製品はほとんど、”切り目“と呼ばれる手法を採用しています。

ただ、裁断されたままでは製品と呼ぶにふさわしくありません。

そこで、裁断面を布で磨く“ミガキ”と呼ばれる処理加工により、艶を出しています。

※世に出回る殆どの商品が、コバ面に塗料を塗布して仕上げていますが、

今回は敢えてこのコバ処理に、染料で着色した後、コバミガキで仕上げるという

古来からの時間と手間のかかる手法で行っています。

 

と、色々と書きましたが、、、百聞は一見にしかずと思いますので

制作工程の動画をご覧ください。

長財布/ブラウン ※動画は商品ページの中ほどにあります。

 

後日、長谷川さんから、手紙をいただきました。

 

こうした想いのこもった財布を持ち、

また、それが似合う人間にいつかなりたいと思います。

山田


カテゴリー: 未分類 |