2014年5月
« 4月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
山田 敏夫/YAMADA Toshio
MADE IN JAPAN

1982年、熊本市生まれ。学生時代、フランスへ留学しGUCCI Paris店に勤務。
一流のものづくり、こだわり、プロ意識を学ぶ。
卒業後4年間、Softbank HCにてネットビジネスを学び、
東京ガールズコレクションの公式通販サイトを運営する
「fashionwalker.com」へ入社。社長直轄の事業開発部にて、
最先端のファッションビジネスを経験。
その後、本質的にアパレル業界を変えるべく独立。
2012年1月、ジャパンブランドの直販サービス「Factelier(ファクトリエ)」を展開する
ライフスタイルアクセント株式会社を設立。
Factelier(ファクトリエ):http://factelier.com/





早起き苦手な私もできた、朝5時起床の習慣化

こんばんは、山田です。

今日は母の日。

多くのママがハッピーな一日となったのではないでしょうか。

さて、私事ですが、4月より生活習慣を大きく変えました。

下記、リンクをご存知でしょうか?

スターバックスCEOが毎朝4:30に起きる理由「21世紀の歴史は朝に作られる。」

(クリックすると記事に飛びます)

SNSにて多くの方がシェアされていたのでご存知かもしれません

(私もご多分に漏れず、誰かのシェアにて読みました)。

そして、生活習慣を改善しよう!と決め、4月にスタートをしたのです。

ちなみに、私は朝が(早起きが)大の苦手

小中高と朝起きない私に母は激怒、台所から毎朝怒鳴られ、

ついには布団から引っ張りだされるという苦い思い出があります。

さて、本日は早起きをした結果、得た3つの徳について書きます。

==================================

1.メリハリで仕事の効率アップ

2.一日三食きっちりとる(お酒の量が大幅に減少)

3.読書によるインプット

==================================

1.メリハリで仕事の効率アップ

時間のメリハリと短期集中力がついたと思います。

早朝7時からアトリエ前のスタバで2時間、

その日のTo Doをこなす等、午前中は「作業」の時間。

※作業は、朝の方が格段に効率的です。

午後は工場との打ち合わせなど「コミュニケーション」の時間。

ここまでで、これまでは大体一日が終わっていたのですが、

夕方以降は経営者として「数字を見る」、考える時間。

もちろんイレギュラーな事件は頻発しますので、

夕方以降はそれに当てる「バッファ」でもあります。

 

2.一日三食きっちりとる(お酒の量が大幅に減少)

朝5時に起き、英会話をしながら朝食を取り、

24時には就寝するため、帰宅は遅くとも21時。

ほとんど自炊となり、ちょっと面倒な日もありますが、

健康的な食事を取るようになりました。

 

3.読書によるインプット

就寝前の1時間は読書の時間に充てています。

前職では週に一冊は本を読んでいたのに最近はめっきり減少。

インプットの時間は大切ですので最近話題の本から、

読んでおきたかったビジネス本までリラックスも兼ねてます。

 

〜ここからは番外編〜

4.仲間がいるから、継続できた


友人に相談したところ、みなでやろうという話へ。

facebookに”早起き部”なる掲示板ができ、起きた人から投稿。

一人ではどうしてもできなかった早起きも、仲間とならなんとかできました。

 

5.一週間続いたら、勝ち

ここまで長々と書きましたが、一週間なんとか根性で続いたら

体が驚くほど慣れて、簡単に起きられるようになってきます。

ポイントは、当たり前かもしれませんが

・早く寝ること(遅くとも、24時前が目標!)

・お酒の量はほどほどに(ビール一杯で止める勇気を)

上記に尽きます。

みなさんも朝型生活に変えてみてはいかがでしょうか??

それでは、明日より良い一週間になりますように。

Factelier 山田


カテゴリー: 未分類 |